ハードテールとリジッドフレーム

リジッドフレーム

ハードテールはリジッドフレームとは違う

エボ以降のハーレーにはソフテイルと呼ばれるモデルがあり、その由来が「ハード・テール」の対義語として「ソフト・テール」から来ていると言われています。
この意味で考えると、リジッドフレーム=ハードテールになってしまうんですが、今回の話はショベル4速フレームなんかに後付けで取り付けることが可能なリジッドフレームっぽくなるキット「ハードテール」とリジッドフレームの違いについてです。

色々と問題が生じやすい

昔、自分が乗ってたショベルはハードテール仕様でした。
動画の中でも説明がありますが、後ろが伸びちゃってバランスがあんまり良くなかったんですよね。
当時はそんなことよりも、リジッドフレーム(風)のショベルに乗ってることが嬉しかったんで気にもしてなかったですけど。

後ろが伸びる他、車高が低くなったり、リヤアクスルの幅が狭くなったり、チェーンが干渉してしまったり。
こんあ問題が生じやすいのがハードテールです。
それを解消する術もあるんですけど、かなりシビアな調整やカスタマイズが必要となるので、そこまでやるんだったらリジッドフレームの方が…って。
動画の後半である通り、4速フレームのショベルにハードテールを取り付けることも、リジッドフレームに載せ替えることも日本では無理なので、あんまり悩むことはないと思いますけど。

全体のスタイルはやっぱりリジッドフレーム

元々リジッドフレームとして設計されている方が、やっぱりフォルムは美しいですよね。
仕事頑張って儲かったらリジッドショベルを追加で買いたいなw

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。